So-net無料ブログ作成

梅雨開け 時期 2013 予想 関東 気象庁

スポンサーリンク




梅雨開け 時期 2013 予想 関東 気象庁


梅雨入りしてから少し経ちますが、雨量が極端に少ないですね。


東京は3.5mm、大阪は4.5mm、高松では2mmということで、西日本と東日本の太平洋側では、記録的な少なさのようです。

5月からのこの天候により、夏の風物詩であるそうめんなど、売れ行きが伸びているようです。

4日は、岡山・高梁で33.6度を記録しました。

熊本県で32.1度となるなど、各地で真夏日を記録する暑い1日となりました。

午後2時半の東京・銀座では、手元の温度計で29度を記録したようです。

4日の東京は29.1度と、2013年最高の暑さとなりました


街頭インタビューでは、「梅雨、本当に入ってるの? もう降ってほしいぐらいには思う」、「梅雨が来ると思って、レインブーツまで買って準備してたのに、突然、こんなに真夏になってしまって」、「不思議ですよね。どうなっているんだろう。雨が待ち遠しいってところかな」といった声があがりました


いったい、梅雨はどこへ行ってしまったんですかね~(笑)


関東・甲信地方では、歴代3番目となる早さで梅雨入りしたものの、その後、ほとんど雨が降っていませんよね。

まさに、【空梅雨】です。


各地では様々な影響が出ています。


そごう横浜店では、雨具のコーナーはあるものの、その中でも今年特に人気なのが、日傘だといいます。

梅雨なのに、売れ筋商品は日傘というのは面白いですね。

雨の日でも晴れの日でも使うことができるタイプの傘は、前年比150%の売れ行きだということです。


また、雨が降ると売り上げが大きく落ちるといわれるビアガーデンですが、梅雨入り後も晴天が続いているため、客の入りも上々だといいます。


いまのところ、なんだか梅雨の実感は0です。

関東甲信地方の梅雨入りは平年が6月8日頃なので、そもそも梅雨入りしていないのかもしれませんね(笑)


あなたは梅雨を感じていますか?


梅雨には梅雨なりの楽しさがありますよね。


雨でいつもと違った化粧をする街並み。

そんな中で一際存在感を放つアジサイに見とれてみたり。

なんていうのも、この時期だけですよね。


あなただけの楽しみを見つけてみてくださいね。





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。