So-net無料ブログ作成
検索選択
ドラマ ブログトップ

家族ゲーム ネタバレ 9話 ~遂に~ [ドラマ]

家族ゲーム ネタバレ 9話 ~遂に~


遂に家族が崩壊しましたね。


一茂は妻の作った1000万の借金の都合をするため、会社の退職金を水増し請求してしまい、バレてクビになりました。

長男の慎一は、恋人の立花真希が吉本荒野と繋がっていたことを知り、絶望し、高校も退学してしまいました。

二男の茂之は、いじめる側へとなってしまいました。

すべての事情を把握した妻の佳代子は、発狂してしまいました。


見事に、吉本荒野の計画通りにいったようです。


非常にリアルに崩壊の様が描かれていましたね。


家の中もぐちゃぐちゃです。


スピード感のある第8話でしたね。


そして、残りがまだ2話分くらいあると思うのですが、これからどのような展開になっていくのでしょうか?



やはり、立花真希は吉本荒野とつながっていたようですね。

しかし、今回の内容からいくと、【中学校の先生と教え子の関係】といった様子でしたが、どのような過去があったのか、詳細は不明です。


次回の予告を見る限り、吉本荒野の性善説が出てきましたね。

現在の彼の人格を形成するにあたり、欠かせない出来事が明らかになりそうです。


ホームページの次回予告が、気になって仕方ないです(以下)。


ある日、沼田家に慎一を心配して最上飛鳥(北原里英)が訪ねてきた。飛鳥は万引き写真を先生に渡さなかった理由を聞かれ、「好きだから…。きっと吉本もそれを分かっていたはず」と答える。まるで吉本を擁護するようなその言い方に、慎一は激昂し、突然、飛鳥を押し倒し襲いかかった!

その後、慎一はナイフ片手に吉本のアパートに向かう。既にそこはもぬけの殻だったが、慎一は真希の写真が載った1枚のチラシを発見する。それを頼りに何とか真希との再会を果たすものの、彼女は本当の姿は驚愕たるものだった。そして、怒りのたぎる慎一に向かって彼女はこう言った。
「教えてあげるよ、八年前の真相を……」


次回第9話、家族崩壊後の展開からどこまで盛り上がるのか。


ドラマも遂に終盤にさしかかりましたね!

嵐の主題歌も耳について、もうさすがに歌詞も覚えてしまいました(笑)



家族ゲーム ネタバレ ~8話~ [ドラマ]

家族ゲーム ネタバレ ~8話~


話題沸騰中の人気ドラマ「家族ゲーム」ですが、29日放送の第7話、見ました?


急展開を見せましたね!

やはり、15分拡大版なだけあって、ネックとなる放送回だったと思います。

櫻井翔さん演じる吉本荒野は、悪人ではない可能性も出てきましたね。


これはもう、今までのように原作だとか前作ドラマとかとの兼ね合い関係なく、とんでもない結末が待っているのではないでしょうか。


吉本荒野は、今回の第7話で今までに見せたことのない表情を見せました。

借金返済のため、義父から渡された小切手を受け取るのを拒否した一茂。

その後、妻と2人でのリビングのシーンとなります。

そして吉本荒野は盗み聞きしていた子供たちへ外へ出るよう告げ、リビングに割り込んで感情をあらわにしたのです。


「家族が向き合わないから子供は大人になれないんだよ!」


そんな良心を感じ取れる感情を思い切り夫婦にぶつけるということは、今までにはありませんでした。


更に、7話では教師時代の吉本荒野について、今までの視聴者の認識をあざ笑うかのように、実は彼は悪人ではなかったのではないかということを証明するかのような回想シーンもちらほらみられましたね。



しかも、今日の拡大版のラストでは、慎一側の人間だと思われていた立花真希が、吉本荒野側の人間であるかのようなシーンで締めくくられました。


これはもう次週を見ないという選択肢はありませんね。



正直、もう何が真実で、何が嘘なのか、あなたも訳がわからない状態ではないでしょうか(笑)


視聴者は全員、裏切られてしまうかもしれないですね。


「悪人が善人だった」というパターンはドラマではよくある展開ですが、今回は切り口が違いますね。

ただのベタなパターンで落ち着くとは思えません。


もう、誰もがネタバレでもなんでも、次回の8話が気になって仕方ないところでしょう。


ここまで1週間が待ち遠しくなる感覚は、久しぶりですね!


あなたはどんな展開を予想していますか?


【送料無料】家族ゲーム [ 本間洋平 ]

【送料無料】家族ゲーム [ 本間洋平 ]
価格:473円(税込、送料込)


家族ゲーム ネタバレ 結末 ドラマ [ドラマ]

家族ゲーム ネタバレ 結末 ドラマ


毎週水曜夜10時~放送の「家族ゲーム」ですが、毎回すごく楽しみにしている自分がいます(笑)


チラっと見ただけなのに、完全にはまってしまいました。


連ドラはそんなに見ない方なのに、完全にかぶりつきであっという間に1時間が経過してしまうのです(笑)


この作品の結末って知っていますか?


この記事を見ているあなたも、私と同様すごく気になっているかと思います。


結論をいってしまうと、このドラマの結末、わかりません(笑)


ただ、原作、過去シリーズのドラマの結末とは異なるということは確かです。


なぜなら、今作のドラマは櫻井翔さん演じる吉本荒野などの人物像をはじめ、諸々の設定がオリジナルだからです。


人物、背景の設定が異なれば、結末も変わらざるを得ないですよね。


ドラマを見ていて感じる原作と今作とのは違いは、簡単にいうと



とことん大袈裟になっている。



文章と映像ですから、もちろん差はありますけど、1話1話、ワンシーンワンシーン、原作よりも更に激しくというか、わかりやすく表現がされていますね。

まぁ、これが原作からドラマ化した作品の楽しむべき点であり、注目すべき点でもありますよね。



とりあえず、毎回毎回予想をした展開を裏切られるので、痛快です。



最終回も、思いっきり裏切ってほしいですね!




なんだか、ドラマにどっぷり浸かるのも悪くないなぁ~って気がしてきました(笑)


【送料無料】家族ゲーム [ 本間洋平 ]

【送料無料】家族ゲーム [ 本間洋平 ]
価格:473円(税込、送料込)


家族ゲーム ネタバレ 結末 長渕剛 [ドラマ]

人気アイドルグループ「嵐」の櫻井翔さん出演の人気ドラマ、「家族ゲーム」。
つい見入ってしまいますよね。
どのような結末となるのか、予想をするも毎回裏切られ(笑)、次回を待ちわびる。


このドラマ、知っている人もたくさんいるかと思います。
もともとの原作から、80年代には映像化され、後に映画化、連続TVドラマ化と辿ってきました。
それだけ人気があったということですね。
80年代の連続TVドラマでは、長渕剛さんが主演となり、話題となりました。


以下、今作のあらすじに触れていきますが、ネタバレになってしまうかもしれませんのであしからず。




櫻井翔さんが出演の今作ですが、舞台は見栄えする一戸建てに住み、優秀な家族に恵まれ、周囲からは何不自由も無い理想の家族に見える沼田家です。


しかし、その実情は異なります。


一家の次男である中学生の茂之は、高校進学も危ういくらい成績が振るわない上、引きこもりとなってしまいます。
それが家族にとっては大きな悩みでした。


そこで、沼田家の家長である一茂と妻の佳代子は、【東大合格率100%】を謳う吉本荒野のホームページをweb上で見つけます。
最後の望みをかけ、茂之の家庭教師として吉本を迎え入れます。


一茂は吉本に、茂之を学校に登校させ、長男の慎一が通う県内トップの高校に進学させるように依頼します。
さらに、1週間以内に茂之を学校に行かせることが出来れば10万円のボーナスを出すことも約束し、出来ない場合はクビにするという条件を出します。


一方、条件を受け入れた吉本ですが、彼の行動に一切の手出し、口出しはしないことを一茂と佳代子に約束させ、「契約違反が生じた場合は1000万円の罰金を科する」など文言を盛り込んだ雇用契約書を一茂に提示し、一茂はサインをします。


そんなところからすべてが始まっていく訳ですが、しょっぱなからすごい展開ですよね(笑)


このドラマ、自閉的な弟とそれと対を成す家庭教師とのやりとりをベースに展開されるのですが、その周辺の人たちも非常に面白いのです。


自己中心的な両親、そしてそれら家庭環境に嫌気が差し、万引きに染まる学校秀才の兄、慎一。


全員が主役級の人物像です!


原作からの映像化での変化というのはもちろんあるでしょう。


それに加え、今回は前作から30年近い月日が流れている訳です。

この辺りの時代背景が今作にどんな影響を与えていくのか、続きが気になるところです。



次回は5月22日の夜10時~第6話の放送です!


【送料無料】家族ゲーム [ 本間洋平 ]

【送料無料】家族ゲーム [ 本間洋平 ]
価格:473円(税込、送料込)


真夜中のパン屋さん ドラマ キャスト [ドラマ]

大沼紀子さんのベストセラー小説「真夜中のパン屋さん」がドラマ化しました。


都会の片隅にある、23時~5時までしか営業をしないというとても不思議なパン屋さん「ブランジェリークレバヤシ」を舞台に、ちょっと変わった人々がお店で引き起こすさまざまな事件を通じて、都会の人々の心と心の交流を描くあたたかいお話です。


4月28日にスタートしたこのドラマですが、キャストには、年齢を重ね俳優として良い味が出てきた滝沢秀明さん、関西ジャニーズJr.として人気を誇る桐山照史さんといった二人をはじめ、ともさかりえさん、前田亜季さん、個性派の六角精児さんなどが顔を揃え、物語を固めます。


以下、1話あらすじ(公式サイトより引用)

オーナーの暮林(滝沢秀明)と腕のいいブランジェの柳弘基(桐山照史)がふたりだけで営むこの風変わりで小さな店に、ある晩一人の女子高生が訪ねてきた。突然現れた希実(土屋太鳳)と名乗るその娘は嘘のような話を切り出す。
「私、こちらの暮林美和子さんの妹なんです。今日からこちらでお世話になりたくうかがいました」
だが、暮林の妻である美和子は半年以上前に亡くなっていた。愕然とする希実を、暮林は何の疑いもなくこの店に住まわせる。この日から、この3人が営むパン屋と、店を訪れる珍客たちとの物語が始まる。



魅力的なキャストと面白い切り口のこの作品、2話以降も展開が気になるところです。

BSプレミアムにて毎週日曜よる10時から放送です。
ドラマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。