So-net無料ブログ作成

関東 地震 前兆 2013 [地震]

関東 地震 前兆 2013

静岡県の川勝知事は17日、県防災・原子力学術会議の合同分科会で、6月に公表予定の第4次地震被害想定に関連し、「(地震・津波対策には)巨額の財源が必要と想定される。職員給与の一部を使うことも含めて検討せざるを得ない状況だ」と述べた上で、職員給与の削減を検討する考えを明らかにしました。


地震・防災対策に削減分を充てる姿勢を示すことで、県議会や職員の理解を得たいという考えです。

政府は国家公務員と同様に地方公務員の給与削減を求めており、人件費削減を前提にした地方交付税の減額を決めています
これに対して、知事はこれまで「職員の削減を通じて人件費を節約した。安易に給与は下げられない」と、削減には否定的な考えを示していました。

今回、知事が給与削減の可能性に踏み込んだのは、4次想定に対応した地震・防災対策を実施するためには、予算の組み替えだけでは対応できないほどの財源が必要と見込まれるためです。



地震全般への対策にのための給与削減。

まぁ、妥当だと思う人が多いのではないでしょうか?

以前からずっと言われている関東での大地震を含め、もういつどこで起こってもおかしくない状況です。

東北の大震災で学んだことを活かし、やはり早い段階で新しい対策を施していきたいと考えるのが普通ですかね。

補正予算の編成の検討も必要かもしれませんね。


一番大切なのは、やはり個人個人が当事者意識をもって震災時の被害を最小限にとどめるよう心がけることですよね!


あたりまえですが、東北大震災後、防災グッズに関しては妥協しない人が増えてきましたね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。